環境マネジメント

自己宣言による環境主張 タイプⅡ環境ラベル表示

弊社では、環境配慮型製品に関する情報をお客さまに積極的に公開するために、2015年10月より、環境ラベル認証制度を開始しました。これは、ISO14021に準拠した自己宣言型環境ラベル認証制度です。
環境配慮型製品には、環境ラベル「NFエコラベル」を表示するとともに、その製品情報をインターネット等で提供していきます。
ecoマーク
NFエコラベル
概要
ISO 14021 : 1999 (JIS Q 14021 : 2000)「自己宣言による環境主張 タイプⅡ環境ラベル表示」は第三者機関等からの認定を得るものではなく、当社の事業活動における、有益な環境影響評価をしたものの中から自主評価基準以上の製品を対象に主張します。主張の手法は説明文や環境ラベルロゴマーク(上記のNFエコラベル)の表示で行います。
※ISO(国際標準化機構)、JIS(日本工業規格)
制度の目的
使用済プラスチック製容器包装の再商品化によるプラスチックリサイクルを推進している。当該事業において“環境負荷の低減”を成すことを目的とする。

『当該事業の環境負荷評価項目を設定する。各評価項目ごとに前年度の製品製造における環境負荷実績に基づき、当年度目標値を設定。製品ごとの環境負荷数値が当年度目標値を満たすことを評価する。』
評価基準
昨年度実績をベースに評価し、認定していきます。
評価基準及び管理数値
評価基準項目 評価対象 基準値 提示資料
1 電力の削減 工場 基準値に対し、
達成率が70%
以上
エコアクション21
管理表
2 化石燃料の削減
3 水使用量の削減
4 リサイクル率の向上
5 製造工程で発生した
プラ屑の再利用
投入量/破砕処理量
=70%以上
実績管理帳票
(扇島)・歩留確認表
6 製品中の容リプラ使用量 製品 70%以上使用している 利用工程実績管理帳票
(NFボード製造工場)
7 合格率の管理 70%以上 操業月報(ボード操業)
8 環境配慮型製品としての各種認定 製品 認定を受けている 各認定証
9 使用済み製品の回収システムがある 仕組 回収実績がある 使用済ボード回収実績
10 OG(off grade)製品及び端材再利用 工場 年間販売量/年間発生量=
80%以上の販売実績
操業月報
(扇島破砕作業月報)
エコラベル登録製品